明照学園  理事長 コラム

野口校長先生の『今日を生きる』

明照学園理事長及び樹徳高等学校校長の野口秀樹校長先生のコラムになります。
学校の様子や校長先生が日々感じていること、考えていることを書き綴っています。
平成20年10月22日から、毎日更新中です。

※写真がある場合は、写真をクリックすると拡大します。
 (拡大した写真画面は写真右上の×印をクリックすると消すことができます。)

平成21年1月16日からの訪問人数

令和2年8月

8月13日(木)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
今日は迎え盆です。ご先祖さまを自宅にお迎えする日。
「結構お盆さまでございます」、お寺で生まれた子供だったからでしょうか。母親からお盆はこの様にご挨拶するのだよと教えられたのを今でも覚えています。
今年、浄土へ旅立った母の新盆、だから思い出したのでしょうか。8月13日、私の祖母の命日です。45年前の熱いお盆でした。お寺は忙しいのにと孫の私は思ったのです。21才の私はこんなものでした。お陰様で自分が存在しているのに、恥ずかしい。
昨日、心あるお年を召した女性の方が、お盆を迎えるお地蔵さまにと,赤の前掛けと帽子を沢山作ってきてくれました。私が19体のお地蔵に付けさせて頂きました。付け終わるとお地蔵様の表情が変わる。嬉しそうなのです。

お地蔵様の凄さを知ってしまった私、今は気かつけばどこにいても手を合わせます。
お地蔵様の凄さ「私が拝まないのに、お地蔵様は、通るたびに私を拝んでいる」、
道端のお地蔵様、注意して見て下さい。

画像

8月12日(水)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
卓球部男子の練習試合が行われます。
昨日は外気温40,5℃、伊勢崎市と桐生市が全国1位と成りました。外にいると辛いそんな感じが致しました。今日は36℃の予定、昨日を経験するとこのくらいはOKでしょう。
夕方には雷をともなう夕立、激しい夕立があるとのことです。

昔、葛飾北斎の昇り龍を見た事があります。白い富士山の横に雷が起こりそこを黒い龍が天に昇っていく。小布施の北斎館だったと思います。これはきっと縁起の良い絵なのだとその時思いました。欲しい1点です。

私が兼務する浄運寺の本堂の天井は龍の絵だらけでした。
明日からお盆です。

画像

8月11日(火)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
昨日の気温38℃、桐生市は全国6位の気温を観測しました。今日も熱中症警戒アラートが出ている。今年度最高気温になる予定とか、コロナばかりではなく、こちらも細心の注意が必要です。
こんな日はとっても辛いが最高に美味しい。熱い奴に限ります,フーフーいいながら、汗ビッショリになりって食べる。私は夏のカレー派なのであります。
これ―と言えばCoCo壱番屋、この度インドのニューデリーにお店をオープンさせるとか、本場に挑戦頑張って欲しいものです。
高校は代休日、中学は職員は出勤しております。

先日、医療関係者の葬儀を努めさせて頂きました。施主のお嬢さんから使用するようにと戴いたフェースシールド、病院で使用しているそうです。本校のものよりしっかりしていて、メガネのフレームがついています。

画像

8月10日(月)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
今日は山の日で祝日です。部活動の生徒達が登校しております。
私は2つのお寺のお盆の準備、今年はいつもよりまたタイトに動き回っております 。
お盆と言えば,昔から「地獄の釜が開く」とか言います。
地獄に落ちた人たちも、この世に帰ってくるのでしょうか。
地獄のを取り扱った書物と言えば、ダンテの『神曲』と恵心僧都源信の『往生要集』が有名なのです。私は学生時代この『往生要集』を読まされた記憶があります。
今朝の新聞に『往生要集』で書かれている地獄に落ちた罪人が、
刀で出来た木に登って美女を追う話しが出てました。登り降りする度に罪人の体はカミソリのような刃で切られ、苦痛を味わう。これは「刀葉樹の地獄の責め苦」と言います。
登り降りを繰り返し苦しむ罪人に、隣にいる大鬼がこう言います。
「お前は他人のせいで苦しみを受けているのではない。お前のしていることは自業自得なのだ」

仏教の姿勢はいつもこの自業自得、考えさせられます。

画像

8月8日(土)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
部活動の生徒達は登校しております。課外授業は予定されておりませんが、学習クラスが見えます。
広島原爆の日に紹介出来なかった詩、図書館長の兒嶋先生が見つけてくれました。
私も調べたら平成23年1月27日にこのコラムで紹介していました。
広島被爆者詩人 栗原貞子さんの「生ましめんかな」です。
『生ましめんかな』‐原子爆弾秘話‐

こわれたビルディングの地下室の夜であった。
原子爆弾の負傷者達は
ローソク一本ない暗い地下室を
うずめていっぱいだった。
生ぐさい血の臭い、死臭、汗くさい人いきれ、うめき声。
その中から不思議な声がきこえて来た。
「赤ん坊が生まれる」と云うのだ。
この地獄の底のような地下室で今、若い女が
産気づいているのだ。
マッチ一本ないくらがりでどうしたらいいのだろう。
人々は自分の痛みを忘れて気づかった。
と、「私が産婆です。私が生ませましょう」と云ったのは
さっきまでうめいていた重傷者だ。
かくてくらがりの地獄の底で新しい生命は生まれた。
かくてあかつきを待たず産婆は血まみれのまま死んだ。
生ましめんかな
生ましめんかな
己が命捨つとも
※詩の中の地下室は千田町の旧広島郵便局の地下室

この時のモデル、誕生した人は小嶋和子さん、お元気で現在74才でした。 誕生は原爆が落ちた2日後、正に今日でした。

8月7日(金)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。

私は3日間連続で前橋で仕事をしていました。今日は大丈夫かなと思っておりましたら、県庁から今日も呼び出しです。私学で知事さんにお願いしている件がうまく進んでいないのでしょうか。
明日から本校は代休などを含めて職員はお盆休みに入ります。私学の中には今日終業式を行う学校も2校あります。今年はどこも授業確保に苦労しております。
群馬のコロナ、落ち着きそうにありません。昨日は感染者6名でした。生徒職員が感染しないことを祈るばかりです。

今日の高等学校の朝礼で読んだ『樹妙』188ページ

自分の番
うまれかわり 死にかわり
永遠の過去のいのちを受けついで
いまここに自分の番を生きている
それがあなたのいのちです
それがわたくしのいのちです

私はこの言葉が大好きで、今朝も「そうだ」と声を出してしまいました。

画像

8月6日(木)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
生徒は課外授業、クラブ活動などで登校しております。近県のコロナ感染者毎日増えております。群馬県民も更に注意が必要です。
今日広島に原爆が落とされた日、あれから75年が経過しました。
この日、広島の防空壕の中で赤ちゃんが誕生した詩をコラムに掲載しょうとして探したのですが、何処かへしまい込んでしまいました。皆様に是非ご紹介したかった。その詩に登場してくる方はお元気ならば75才になられたはず。生きていらしゃったらいいですね。

今日も私は私学の中堅教員研修に出かけて参ります。

8月5日(水)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
課外授業、部活動等で生徒達は登校しております。
オンライン学校説明会3日目、初めての試みですが順調に進んでおります。
今日は私立学校の中堅教員研修が前橋の建設会館で行われます。私はこちらの関係で終日出かけいてます。
昨日は県庁、県庁の空調機の設定温度は28℃やはり暑いですね。クールビズでよいのですが、知事さんと面談するので、上着を着用しネクタイを締めました。そして緊張してお話しますから汗だくだく。暑さには負けませんが、珍しくこたえました。
昨日の前橋の外気温は34℃を越えていた、本格的に盛夏であります。
私学振興でお世話になっている3人の県会議員さん、明和県央の校長先生、私学父母の会杉戸会長(本校の後援会長です)と私で私学にも公立と同様に生徒一人PC1台のお願いをいたしました。百戦錬磨の山本一太知事、「勿論考えてみる」とは仰いましたが心配です。
写真は、杉戸会長と私が知事に要望書を渡したところです。

画像

8月4日(火)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
生徒夏期休業、部活動・課外授業などは行われています。高校のプロモーションビデオ、いいのが出来ました。まだの方どうぞご覧ください。
コロナ感染の注意に気持ちが行っておりますが、急に高くなった気温、マスクを付けていますから余計に暑い。合わせて生徒達の熱中症が心配になります。大人も同様ですね。

知りあいの方から『倫風』という一般社団法人実践倫理宏正会の月刊会報を頂きました。何度か読ませて頂いているのですが、生き方、考え方が勉強になるのです。
こんな記事がありました。
大阪大学大学院経済学研究科教授(行動経済学)の大竹文雄さんは災害時の避難にどのような呼びかけが有効なのか広島県で調査しました。
そこで分かったのが「危険だから避難してください」 という言葉ではなく「あなたの避難が周りのひとを救います」「あなたが避難しないと人の命を危険にさらします」 という呼びかけが効果的だということでした。
「自分の命を守るため」 という呼びかけでは避難しなかった人も「人を救うため」「人を守るため」 という目的ならば率先して避難する。

深層心理の中に誰かのお役に立ちたい思いが人間にはある。それは素敵なことであります。

わが寺の松の手入れ、気持ちが良さそうでしょう。これでお盆を迎えるのです。

画像

8月3日(月)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
生徒夏期休業中、課外授業、部活動等で生徒達は登校しております。
3年目研修「樹徳教師塾」で5名の先生方と指導者2名が県立赤城公園ビジターセンターへ出かけています。
そしてオンライン相談会第1日目、5チームが計2回これに当たります。初めてのことなので慎重に進めてまいります。
今日から学校紹介のプロモーションビデオが流れることになります。どうぞご覧ください。
梅雨が明け、猛烈な暑さが今週は襲ってくるそうです。体調管理を努めて参りましょう。

ミツバチの寿命1ヵ月のうち、外で蜜を集める期間は約2週間ほどなのだそうです。1匹が一生に集められる蜂蜜はわずかティースプーン1杯ほどなのです。 集めた蜜の50%以上が水分のため、さらに濃縮されて実際に蜂蜜となるのが約5g程度となります。
感謝もせずに蜂蜜を口に運んでいますが、トンでもないことのように思えます。
昨日、お墓の中に蜂がいるということで、檀家の方が業者さんにお願いしました。ミツバチは退治してはいけないそうです。お墓のカロートの上の部分に大きな巣が出来ていました。蜂の生きる力を学ばねば。

画像
現在の閲覧者数