明照学園  理事長 コラム

野口校長先生の『今日を生きる』

明照学園理事長及び樹徳高等学校校長の野口秀樹校長先生のコラムになります。
学校の様子や校長先生が日々感じていること、考えていることを書き綴っています。
平成20年10月22日から、毎日更新中です。

※写真がある場合は、写真をクリックすると拡大します。
 (拡大した写真画面は写真右上の×印をクリックすると消すことができます。)

平成21年1月16日からの訪問人数

令和3年11月

11月27日(土)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
今日は課外授業も3年生の模擬試験、期末試験前なので,共生図書館、正道館8回の学習室は開館されております。
今日は私の68才の誕生日、すっかり忘れておりましたが、今朝置きましたら妻が「誕生日おめでとうございます」と、やっぱり嬉しいですね。
これだけ生きられたことに感謝。
産んでくれた両親に感謝。
私がこの世に誕生することを縁づけてくれた先祖に感謝。
今を支え生かしてくれている皆さまに感謝。
今日は、東京から大事にお客様が見えます。
それから私のグループの13回コンサートの最終仕上げチェック日、とても大事に日、怒らず感謝して終わりたいものです。

今、私の祖母へ、子供達(私の父も含まれます)から戦時中に送られた手紙を読んでおります。
私にとったら怖いおばあさんなのですか、子供達に徒ったら太陽のような存在でした。
姉は遠い山形県の嫁ぎ先から、息子達は国内の戦地から、妹は東京の学生女子寮から、皆いなくなってしまった人たちなのですが、当時の日本の様子が本当によく分かる手紙でありました。
戦争はつらいですね。
大変な環境下なのですか、学生の妹は一人だけワガママ娘なのです。
私の伯母ですが、大人になってもこんな感じでありました。
古い写真を見ながら皆さん偉かったねと話かけています。

これは私の父が天草の航空隊から母親に出した葉書、内容は検閲を受けるのであります。

画像

11月26日(金)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
修学旅行だった2年生も今日から登校してまいります。引率した先生方も、賑やかな学校に戻る、これもイイですね。
私、ここのところ毎日何処かへ用事(出張)ででかけているのですが、今日は終日学校にいる事ができる。これも嬉しい。
本当はやらなければならない仕事が山積みなのであります。
時間の使い方、かなり上手な方ですが、更に磨きをかけなければと思っております。

先日仕事で3人の議員さんとご一緒しました。
私が「先生はどんな運動していたのですか」と質問すると「私は空手です」。
別の方は「私は昔も今もラッパ吹き」「じゃあ運動は全然しなかったのです」「今はゴルフくらいかな」。
三人目の県会議員さんに「先生はどんな運動ですか」
「運動は随分やりましたよ。ただし選挙運動をね」。
うまくお伝えできないのですが、絶妙のタイミングだったので爆笑でありました。

笑顔って人を安心させる。
笑顔って人をワクワクさせる。
笑顔って人を笑顔にさせる。
笑顔って人を勇気付ける。
笑顔って人を包み込む。
笑顔って人を楽しくさせる。

第9回高校生JOMO小説優秀賞の記事が今朝大きく上毛新聞に乗っていました。

画像

11月25日(木)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
今朝は寒く感じます。外気温4℃でした。
暦の上では冬ですのでやむを得ません。
修学旅行の第2班も昨日帰って来ましたが、午前中の見学地白川郷では雪が降っていたそうです。
雪の白川郷、映像が見えるようであります。
先日、お寺を掃除しておりましたら、カメムシがおりました。亀の甲羅のようなカッコウをしているので私でも解ります。
いたずらしないようにそっとかたづけました。
彼を刺激すると大変な臭いが発散されるのです。
虫も個性的であります。
こちらはカメでなくクマムシ“地上最強生物”ご存知ですか。
体長は0.1〜1ミリメートル位しかない。
しかも“虫”ではなく、4対の肢(あし)を持つ「緩歩(かんぽ)動物」という部類に分類される、100℃の高温でも極低温でも生存し、人間なら即死する放射線量や水深1万メートル級の高圧でも平気だそうです。
皆に嫌われがちな虫ですが、それぞれの持ち味をしっかり出している。
私たち人間も同様、それぞれが授かった光がある。皆で輝きあいたいものです

わが家のイチョウも輝いています。

画像

11月24日(水)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
修学旅行の第2班、本日帰って参ります。
第1班は振替休日となります。
このコラムでも取り上げたことがある「割れた窓の理論」、校長として注意をしているところであります。
「割れた窓の理論」とは

  1. 建物の窓が割れていると、警備はほったからしとみられ、犯罪が起こりやすい。
  2. それでゴミのポイ捨てなど軽犯罪が起きる。
  3. 住民のモラルが低下し地域環境が悪化する。
  4. 凶悪犯罪が多発する。というプロセスで治安が悪化する。

というものです。
この理論を逆手にとって犯罪を減少させたニューヨークのジュリアーニ市長、とても有名になりました。
「割れ窓」をなくし環境をきれいにしたら犯罪は減少する。
「割れた窓をなくす」がレバレッジ・ポイント(小さな力でも大きな変化を起こす)だった。
この市長が就任してから5年間で犯罪の認知件数が殺人67.5%、強盗54.2%、婦女暴行が27.4%減少したそうです。
日本にも似た例があります、札幌のすすきので駐車違反を取り締まることで、犯罪率を2年間で15%も減らさせた。

昭和42年に古民家を購入して始まった梅田山荘、解体した跡地、石垣が積まれていたのです。
この上に建物が建っていた。

画像

11月22日(月)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
だいぶ定着してまいりましたが今日はイイフウフの日であります。
私も目指しております。
第2班が間もなく修学旅行に出発します。天気が良くなることを祈り、楽しい時間を期待します。
高校生関東駅伝競走大会は第10位(北関東5位)、生徒達がかなりレベルの高い走りをしてくれました。
彼らの成長率は今後も楽しみであります。おめでとう!
アメリカン・リーグのMVPに選ばれた大谷選手、良かったですよね。
私は今年大谷選手の活躍が楽しくて、毎日彼のニュースばかりを見ておりました。
彼は私が期待している成果を毎日見せてくれました。
本当に漫画に出てくるスーパーヒーローのようであります。テレビからうかがえる人間性、これもいいな。
先ほど教頭から電話が入り、第1班皆元気で2日目をスタートしたとのこと。
今日は2班に別れて東尋坊・越前松島水族館コースと福井県立恐竜博物館コースの見学となります。

11月16日に上毛新聞が樹徳陸上競技部を大きく取り上げてくれました。

画像

11月21日(日)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
さすが日曜日ですので校内は静かです。
朝8時43分、2年生修学旅行第1班が高崎駅を出発しました。
本日の参加生徒は215名、2泊3日で北陸方面を目指します。金沢駅には11時1分着、もうすぐ到着する時間、本当に早いですよね。今朝は高崎駅で見送ることができましたが、明日の第2班は無理です。今朝の生徒の顔、嬉しそうでした。
実施できて本当に良かった。無事を祈ります。
修学旅行で思い出したのですが、本校では修学旅行中、京都の知恩院に1泊していた時代がありました。
若い和尚さんが生徒達にこんな話をしました。

「毎日の生活、生きるということは急な坂道を登っているのと同じなのです。
君たちは登りの坂道を歩いていることに気がついていますか。平坦な道と思えるのは後ろから後押しをされているからです。
そのことに気づいていますか。それでは誰が後押ししていてくれるか。
先ずは両親であり、次は君たちのことを思う多くの人々、その他には私を生かしめる大きな力です。空気だとか太陽だとか水だとか 」

その時私はいい話だなと思ったのです。私達は多くの人の思いを頂いて生かされている。

今日が中秋の名月ですが、先日の皆既月食が終わった後の月、構図が美しいので車を止めて写真を撮りました。
コロンバス通りの先、左が大きなマンションです。

画像

11月19日(金)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
今日は19日ですから食育の日であります。
そして私の曾祖父の月命日(本当の命日は12月19日ですか毎月来る19日を月命日と言います)、20年前からこの曾祖父を大事にしております。会ったこともありませんが今ではとても身近な人となっております。
(和尚さんだからだと思いますが毎日先祖に感謝しております。)

食育の日なので食事に関係した話を致します。
西洋人は食事にはナイフとフォーク・スプーンを使います。
これが子どもの頃カッコ良くて、テーブルマナーを緊張して学んだことがございました。
日本人は七世紀頃から箸を使っているのだそうです。
織田信長や豊臣秀吉ともつきあいのあったポルトガル出身のカトリック司祭、宣教師、イエズス会士ルイス・フロイスは日本人の食事の様子を見て「彼等は2本の小さき棒を持って、食事に手を触れるを不潔となす」(フロイス日本史)と日本のテーブルマナーの美しさに驚きを示しています。
じつはヨーロッパでフォークやナイフが使われ始めたのは16世紀頃からで、それまでは王族貴族でさえも手づかみで食事をしていたのだそうです。
あのイギリス人が、あのフランス人が、意外であります。

玄関横の菊たち、これはクリスマスバージョンのもみの木スタイル

画像

11月18日(木)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
今日は男子の関東駅伝競走大会が行われます。
先ほど生徒関係者が出かけてまいりました。
県内で2位、惜しくも年末の全国高校駅伝を逃してしまいましたが、彼らは前向きポジティブ元気に戦ってくれるでありましょう。

「人間は生まれてから成人する20歳までの間に、約4万8000回もの否定語を耳にするといいます。」という記事を読んだことがあります。
これはかなり問題ですよ。
考えて見て下さい、それだけ否定されれば子供の潜在意識に大きな影響を与えていることは間違いないような気がします。
生徒を見ていると元気がない、自信がない、ヤル気がない、チャレンジしないなど否定的な言葉を発する者があります。成功体験がないからだと受け止めておりましたが、こればかりではなさそうであります。
私も含めた大人達が言葉には相当注意をしなければなりませんね。
ソウル大学のキム・ナンド教授がこんな事を言っております。
「卵は自ら殻を割れば生命になるけれど、人が割れば料理になる。」
若者はどんな挫折が待ち受けていようが、肯定的にチャレンジする集団であって欲しいと思うのであります。

長野オリンピックのジャンプ台です。頂上まで登りましたが、ポジティブでないとできない競技です。

画像

11月17日(水)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
毎月出しておりました「樹妙だより」1800文字、最近はふた月に1回、年7回になりましたので少し楽になりました。
文字数が多いので大変でした。
またその頃は中学校の校長もしておりましたの「樹幹だより」600~700文字2~3回、他には高校の後援会新聞「樹幹」の原稿。
つらいのは原稿締め切りが同時期、よく頑張ったと思います。
昨日、18日の締め切りの高等学校「樹妙だより」の原稿が出来上がりました。
些細なことなのですが、これがまた最高に嬉しいのです。
出来上がると手をつけていなかった、早めに取り組まなければならない仕事に「さあやるぞ!」と息込んで進んでいける。単純な私。

以前にも触れたことがありますが、仕事大好き人間を知っています。幼稚園の時に料理人になりたいと思い、高校三年の夏に料理専門体験入学、料理を作りながらこんなに楽しい仕事があるのかと感動する。そしてこの仕事を一生続けたいと思い料理学校へ入学。修業時代何処の職場へ行っても楽しかった。
いつか必ず自分の店を持つ夢を持っていたので、少ない給料を貯めて少しずつ鍋などの料理道具を買い揃えていった。そして専門店でお菓子作りの修業までもした。
今は コース料理からお菓子まで全てオーナー自ら手がけるオーナーシェフ。今でも働く事が大好きだとニコニコしていうのです。
彼を見ていると、新聞の原稿が大変などと戯言を言っている自分が恥ずかしくなるのであります。
本当に輝いている人間がいるのです。

校長室の日めくり暦に今日は目がいってしまいました。

画像

11月16日(火)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
昨日から新川公園及び学校周辺の落ち葉清掃が始まりました。樹徳高校年末の奉仕活動であります。
期末試験期間を除いて、12月13日まで実施されます。
毎日2クラスが清掃をして桐生市民の憩いの場である新川公園を美しく致します。

その昔、樹徳高校にも応援団と言う部活動がございました。
どちらかという硬派の生徒達が集まっておりました。
やんちゃな子達ですから、いたずらもするのですが、野球の試合などは、雨が降ろうが、嵐がこようが熱中症が起こりそうな炎天下でも、弱音を吐かず、立ち放しで大声を上げて応援するのです。
姿は学ラン(ながめの学生服)カッコいい男の集団でありました。今私の側でウロチョロしている卒業生はみな応援団のOB達、未だにいい男達です。
私が所属する男性コーラスグループリーダーは元立教大学副団長、80才近くになりましたが、今だに硬派のジェントルマン。私は応援団の方に縁があるのです
前高等学校後援会長の杉戸さんも高校時代応援団に所属しておられたそうで、私と同様、応援団精神を愛しております。
応援団は「ハイ」の返事を全て「押忍(おす)」を使います。杉戸さんからこんな事を教えられたのを思い出します。
応援団は「押忍(おす)」の精神。「押忍」は武士道が起源。

  • 自分を鍛えるために、耐えられない厳しい鍛錬を耐え抜く。
  • 耐えられないことでも、押して忍び、自己を鍛える。
    即ち、人を応援するには、応援される人よりも精神的、肉体的に強くなくてはならない。

これが応援団のポリシー。
 
今の若者には受け入れられないかもしれませんね。

新川公園落ち葉清掃、今日の担当は1年生です。

画像
現在の閲覧者数