明照学園  理事長 コラム

野口校長先生の『今日を生きる』

明照学園理事長及び樹徳高等学校校長の野口秀樹校長先生のコラムになります。
学校の様子や校長先生が日々感じていること、考えていることを書き綴っています。
平成20年10月22日から、毎日更新中です。

※写真がある場合は、写真をクリックすると拡大します。
 (拡大した写真画面は写真右上の×印をクリックすると消すことができます。)

平成21年1月16日からの訪問人数

令和4年1月

1月17日(月)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。

「1・17」、なんだか解りますか?
1995年1月17日に起こった阪神淡路大震災、マグニチュード7.3の大地震でありました。
あれから27年が経過しました。ずい分昔の事となりましたね。
人間の記憶は時間と共に薄れてまいります。
生徒達は知らないかも知れませんが約6500人の方が亡くなられたのです。
テレビで見る神戸の町はズタズタに崩壊しておりました。
家屋の下敷きになった方達を救済するのは時間との闘いだったのです。

お年寄りの男性が凧をあげていました。
お正月でも無いのに不思議に思い通り過ぎたのです。
それから1時間後再び、その前を通るとまだその男性は凧を揚げていました。
よく見るとそんなに楽しそうな顔をしていない。
そこで声をかけてみたのです。
「どうして凧をあげているのです。」
「3日前から毎日、凧をあげているんだよ。この前の震災で妻を亡くしたんだ。こうして凧をあげていると、妻と手をつないでいるような気がするんだ」

これはだいぶ昔の今日の日にラジオから流れていた話であります。
悲しい話ですね。
改めてこれらの方々の冥福を祈ります。

高速度道路が倒れています。この写真何度も見ました。

画像

1月15日(土)

おはようございます。
今日もよろしくお願いいたします。
大学入学共通テストが始まりました。従来ですと担任の先生方も試験会場の入口までは行っておるのですが、コロナの関係でそれもできません。
校内は静かであります。
受験する生徒達の健闘を祈ります。

仏像の中で特に人気があるのが観音様です。
沢山の人々を救うためにいろいろな姿に変身するのです。
下の写真は、浄運寺の十一面観音様のお顔です。
美しいのです。
顔の上に10の顔があります。
またその上に阿弥陀様の顔もあります。
10の顔の正面の3つは慈悲に満ちた顔で、私達に語りかけておられます。
それに対して向かって右側の3つは怒った顔をされております。
また左の3つは更に激しく牙をむいて怒っておられます。
もう1つ背後にあるので見えにくいのですが大笑いした顔。
先ほども申しましたが観音様の本業は私たちを救って下さること。
いろいろな人たちがおりますので、観音様も大変です。
何処かで十一面観音様をお参りする機会があったらよくご覧になって下さい。
(浄運寺の十一面観音様は千手千眼観音様でもあります)

画像

1月14日(金)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
生徒は普通授業、校内では初任者研修、採用試験、一般試験への出願、推薦学奨入試の合否発送、変わったところでは、女子アスリートの健康管理指導なども行われます。
大学入試共通試験出陣式は中止になりましたが、各クラスで担任が行う事になりました。

平成23年1月14日、今からちょうど11年前の今日、私は 「新老人の会」群馬支部のフォーラムで、聖路加国際病院理事長の日野原重明先生の講演を拝聴しました。
その時先生は満99才でしたが、身のこなしも軽く、1時間の講演を立ちっぱなしで行われました。
ジョークも交え、お話は楽しく、先生の生き様がにじみ出た感動の講演会でした。
私もこんな年の重ね方がしたいと思ったことを今でも忘れません。
「皆さんは知らないのです。
生き甲斐は達成感です。
私はエスカレーターに乗らず隣の階段を昇ります。
そしてエスカレーターに乗った人より先に到着します。
そしていつも思います。
やった!
毎日の些細な達成感をどこでも何についても感じて生きています。」

先生の「達成感が生き甲斐」、私は今感じて生きています。

画像

1月13日(木)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
今日は5時間目相当に、希望者による書き初め大会が行われます。
群馬県の感染者1日で2倍になりました。驚きですね。
新型コロナウイルスの関係で、明日以降予定されている共通テスト受験生出陣式、運動部の鏡開きは中止と致しました。その行事で用意されたキットカットチョコレート(出陣式) 、大福(鏡開き)は関係の生徒達には配ることと致します。

今日の日めくり心の暦

「 大器晩成・・・
  簡単には あきらめないで 」

大器晩成という言葉いいですね。私は大好きです。
生徒達を見ていてこの子達から一体何が生まれて来るのだろうと考えるだけで楽しくなります。
それぞれに持ち味、彼らの未来の輝きに私も照らされてみたい。
私にもまだ大器晩成でしょうか。

画像

1月12日(水)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
今朝の新聞に高崎市の高校2校がクラスターになったと報じられておりました。いよいよ第6波、対岸の火事ではありません。オミクロン株の感染力は強力のようです。心しなければなりません。

毎朝顔を洗うときに鏡を見ます。
「今日はいい顔している」とか「今日はさえないな」とか。
自分の顔は鏡を通さないと残念ながら見る事ができないのであります。考えて見ると顔だけ丸裸。
「その人の生き様、生き方は顔に表れる」そんな言葉を聞いたことがございませんか。
作家で奇抜なカッコウをする志茂田景樹さんがこんな事を言っています。
「人が積み重ねてきたものはその人のどこかに表れる。顔を見てそれを読み取る人もいるし、手を見て読み取る人もいる。服装、装身具を読み取って、その人の来し方(こしかた)を推し量る場合もある。でも、本当にその人の積み重ねてきたものが表れるのは背中である。背中が語るものに虚飾は入り込めない。」
私も同感であります。
顔も背中も丸裸、偽る事ができないのですね。
怖い怖い。

相田みつをさんの「うしろ姿」、高校玄関に飾られています。

画像

1月11日(火)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
久しぶりの雨のような気が致します。
予報では群馬の平野部も雪がちらつくとか、あるかも知れません。
生徒達は普通授業、私たちはこれから入試関係処理の業務が続いてまいります。
今日は樹徳高校の創立者野口周善先生の誕生日でありました。
明治11年(1878)1月11日、私は忘れてはならない日であります。
この方が誕生していなければ、まず始めに私がこの世から消えてまいります。
もちろん樹徳高校もございませんでした。
私一人いなくても地球は何にも変わらない、などと思うことはありますが、とんでもないことであります。
一人の存在が大きな力を持っている。(皆さまだってそうです)
まだ明治維新からまもなくの頃、元士族は失業状態です。
きっと貧しかったのだと思います。
4人姉弟の長男10才がやむを得ずお寺の小僧にさせられる。
傍目から見ると悲しい出来事でありますが、野口周善先生にとったら、これが彼の人生を好転させていく原因になって行く。
人の人生からはなにが起こってくるか解らないのです。
生まれて来たことは、生きている事は本当に有り難いことなのであります。
皆さんの人生からはどんな素敵なことが生まれて来るのでしょう。

画像

1月10日(月)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
成人の日で学校はお休みです。
カーナビがエンジンをかけたら今日は百十番(110)の日と言っていました。
今年の4月から18才が成人となります。高校2年生も3年生もうかうかしてられません、責任が拡大していきます。

昨日は日曜日でしたので、あの長寿TV番組の「笑点」を見ました。
大喜利と言って落語家の皆さんが沢山出ております。
私は落語が好きなのでCDなどを活用しておりますが、寄席にも何度か行った事があります。
好きな落語家は立川志の輔さんと桂文珍さん、この2人については古典も新作も素晴らしいのであります。
ところで落語家さんは今日本にどの位いるか、800人を越えているのだそうです。 驚きません?
これは江戸時代以来の数と言う人もありますが、前代未聞と言った方がいいのではないでしょうか。
でも私たちの目に触れる落語家は極少数、日本の伝統文化なんぞも学べたりするのにね。もったいないですね。
質のいい笑いは人間を豊かにしますし、勿論免疫力もアップします。

これは浅草の寄席の写真です

画像

1月8日(土)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
令和4年度の推薦・学業奨学生入学試験が行われます。
受験生は約2500名、中高一貫校の校舎も使用いたします。
受験生は勿論ですが学校にとりましても大事な入試、緊張して丁寧に進めてまいります。
高校、大学の入学願書の男女の記入がなくなりました。
この件については意見を控えますが、世の中は随分変化しているようであります。
先月、日経新聞の「私の履歴書」では女性の地位向上に力を注いだ元労働官僚、赤松良子さんが取り上げられておりました。
男女雇用機会均等法制定を含め大変なご苦労をされました。
これを経て現在があるのです。
女性の社会進出絶対に必要ですね。男女共同参画を支援すべき事は当然だと思います。
そして社会的弱者や性的少数者への配慮が必要な事にも何の異論もありません。
でも、ジェンダー平等、多様性への配慮に過剰に反応する傾向が強くありませんか。
それに対して多数者、個々人への配慮、ひいては、私達の習慣や伝統文化まで損なわれてしまわないのかと心配なところがあります。大切なのは両者のバランスでありましょう。
男女共学の学校ばかりではなく、今だからこそ男子校、女子校そんな選択肢がとても大切な気が致します。

受験生の登校風景です。

画像

1月7日(金)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
東京を始め、各所で雪が降ったようです。
今朝は交通機関が大変なのではないでしょうか。
桐生は冷たい風が吹いておりますが、雪は降りませんでしたので助かりました。
明日は高校の入学試験、晴天でお願いしたいものであります。
こんなに寒いのに地球は温暖化が進んでいる。
北極の海氷面積がドンドン減少しているのだそうです。
そんな関係で50年後にはオホーツク海の流氷が見られなくなる可能性があるそうです。
流氷には豊かなプランクトンがつきもの、食物連鎖で美味い魚が育つ、これがなくなったら魚好きの日本人、寂しくなりますね。
今日は七草、一年の無病息災を祈って七草がゆを食べてきました。
お店で七草セットが発売されているのだそうで、昨日、購入しました。

画像

1月6日(木)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
8時50分から中学、9時50分から高校でそれぞれ3学期の始業式が行われます。
一年の計について話そうと思います。
私は上手に移動してこれに対応します。
昨日のコロナの感染者、急に増えだしました。
米軍基地の関係ですが沖縄が623人、信じられない数です。
東京も390人、より一層の心がけが必要となります。
皆さま引き続き頑張りましょう。 

約束を守ることは社会において信頼、信用を得る基本であります。
だから他者との約束はきっちり守るために努力する。
みなさんも私もこれは努めていることだと思います。
それでは、自分との約束はどの位守れておりますか。
私は、自分に甘いところがあるかな。
一年の計を立てるとき、自分との約束について考えてみました。

今日もえんま様に登場頂きました。
嘘をつくとエンマ様にしかられる

画像
現在の閲覧者数