語学研修

平成29年11月16日から22日まで、15期生がカナダ海外語学研修に行っています。 現地からの情報が届きしだい、こちらに載せていきます。

11月16日 11月17日 11月18日 11月20日

カナダ語学研修 報告書 1日目 in Vancouver(11/16)

いよいよ待ちに待ったカナダ語学研修が始まりました。全員が集合時間の12時にそろったところで保護者が見守る中出発式を行いました。校長先生から生徒達にエールを送って頂き、生徒代表の柏瀬さんからはこの研修の強い意気込みを発表してもらいました。 その後すぐに出発し途中蓮田SAでトイレ休憩をとり成田空港へと向かい,途中高速道路も渋滞もなかったため成田空港には予定通り14時半に無事到着しました。生徒全員のきびきびとした行動のおかげでチェックインから出国手続きまで全員が問題なく終えました。搭乗口に到着すると搭乗開始まで時間も余裕があったため生徒たちは一度解散をして集合時間の18時までは成田空港を散策しながら出国前の最後の日本での時間を満喫していました。 飛行機は定刻通り出発しバンクーバー空港には予定通り午前10時半に到着しました。約10時間の移動と時差から疲れが見えている生徒もいましたが、全員が元気にバンクーバー空港に足を踏み入れました。到着するとすぐに入国審査へと向かっていきましたが、本来であれば入国審査官から一人ずつ質問を受けるところ、今回は特別に樹徳生だけの入国カウンターを設けてくれて下さり、生徒たちはパスポートを見せるだけで英語での質疑応答はほとんどなく全員が問題なく入国審査をパスできました。   空港の出口には現地運営団体のGPINAの代表の下坂さんが出迎えて下さり、下坂さんのガイドのもとまずはフェリーでバンクバーから対岸のビクトリアに向かい,そこからバスで研修地のナナイモに向かいました。カナダでは今ちょうどこの時期に鮭が産卵のため川を遡上しているため、今回特別に途中Goldstream Provincial Parkに立ち寄りゴールドストリーム川に遡上しているたくさんのチャムサーモン(白鮭)を見に行きました。そこには必死に子孫を残そうと泳いでいる鮭たちの姿があり、また川辺には産卵を終えすでに力尽きている鮭たちがいたりと自然界の現実に実際に五感で触れることができたことは生徒にとって貴重な体験となったことは確かです。 おおよそ30分ほどゴールドストリーム川を立ち寄った後は研修地のあるナナイモへと向かいました。明日から生徒たちの研修拠点となるスタディーセンター(Maranatha Four Gospel Church)には18時頃に到着、簡単なオリエンテーションを行ったあとは生徒にとってこの研修で一番緊張する瞬間が待っていました。生徒達はホストファミリーが迎えに来るまで不安の様子でそわそわしていましたが、いざ迎えにくるとしっかり自己紹介を始め笑顔でそれぞれがホストファミリー宅へと帰っていきました。   今晩はしっかり休んで明日からの研修に全力で挑んでもらいます。短いようであっという間に過ぎていくこの残り約6日間が、たくさんの挑戦と失敗、そして小さな成功に彩られた研修となるよう全力でサポートして参ります。   本日の報告を終了いたします。

※画像をクリックすると、拡大表示します。左右矢印キーで画像をスライドできます。
また、拡大された画像をクリックすると表示が消えます。


月影祭

月影祭とは、体育祭と交互に2年に1回行う樹徳中学校の文化祭のことです。

※画像をクリックすると、拡大表示します。左右矢印キーで画像をスライドできます。
 また、拡大された画像をクリックすると表示が消えます。


高原学校

毎年、8月初旬に中学校1,2年生が3日間高原学校に行っています。

※画像をクリックすると、拡大表示します。左右矢印キーで画像をスライドできます。
 また、拡大された画像をクリックすると表示が消えます。


体育行事

体育祭 スキー教室

体育祭

体育祭は、月影祭(文化祭)と交互に2年に1回行います。
中学校では、男女に分かれて100m走、1000m走、以和為貴リレー*、綱引き、4×100mリレーがあり、男子は少林寺拳法演武、女子は障害物リレーがあります。
また、例年お昼休みには3年生有志によるダンスが披露されます。
さらには、紅白に分かれての団対抗リレーもあり、どの競技もとても盛り上がります。
*以和為貴(和を以て貴しと為す)リレーは1走目が1人でウサギ跳び、2走目が2人で二人三脚、3走目が4人でムカデになってリレーを行う競技です。

※画像をクリックすると、拡大表示します。
 また、拡大された画像をクリックすると表示が消えます。

スキー教室

毎年、2月下旬に中学校1,2年生が2日間スキー教室に行っています。

※画像をクリックすると、拡大表示します。左右矢印キーで画像をスライドできます。
 また、拡大された画像をクリックすると表示が消えます。


立志式

平成24年2月10日(金)に樹徳中学校第10回立志式が行われました。
立志式の起源は、武家社会での元服です。
当時は14歳の立春の日に元服式が行われ、この日を境に言葉遣い、髪型、服装など大人にふさわしいものに変え社会から一人前の大人として認められ、社会的な責任を負わなければならない立場になるものでした。

2年生の生徒はこの立志式のために作文を書き、その保護者が子供へ向けての励ましの言葉を書き、全員分を1つの文集にまとめます。
式当日にはその文集が2年生の生徒・保護者に配られました。

式終了後に、記念講演が行われ、今年は株式会社アビリティトレーニング代表取締役の木下晴弘先生に『君たちに伝えたい幸せの法則』という題で、お話を頂きました。
人はどうやったら幸せな人生を歩んでいけるかというお話を映像を交えながら頂きました。生徒はときには笑顔を浮かべながら真剣に耳を傾けていました。

※画像をクリックすると、拡大表示します。左右矢印キーで画像をスライドできます。
 また、拡大された画像をクリックすると表示が消えます。


合唱コンクール

毎年、秋に行われる合唱コンクール。金賞を目指して各クラスは2学期は毎日のように練習を行います。

※画像をクリックすると、拡大表示します。
 また、拡大された画像をクリックすると表示が消えます。


山荘合宿

春恒例の1年生梅田山荘合宿。
様々な小学校から入学してきた生徒がこの合宿を通して、友達を増やし協力することの大切さを学びます。
高沢川散策や鳴神山登山、スクールカウンセラーが入ってのゲーム、中間試験に向けての自主学習などを行います。
また、ふとんの搬入や食事の準備等、合宿のあらゆる場面で友達と協力する姿を見ることができました。

※画像をクリックすると、拡大表示します。左右矢印キーで画像をスライドできます。
 また、拡大された画像をクリックすると表示が消えます。