明照学園  理事長 コラム

野口校長先生の『今日を生きる』

明照学園理事長及び樹徳中学校・高等学校校長の野口秀樹校長先生のコラムになります。
学校の様子や校長先生が日々感じていること、考えていることを書き綴っています。
平成20年10月22日から、毎日更新中です。

※写真がある場合は、写真をクリックすると拡大します。
 (拡大した写真画面は写真右上の×印をクリックすると消すことができます。)

平成21年1月16日からの訪問人数

令和2年2月

2月22日(土)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
高等学校の第2回入学手続き、午後は中学の入学説明会が行われます。

毎日新型コロナウイルスの話ばかりです。感染拡大が進めばオリンピックまでできなくなってしまう。そんな話まで出てきました。。
昔のオリンピック選手にウィルマ・ルドルフと言う女性がいました。ご存知ですか、私は最近知って感動しました。
彼女は、22人兄弟の20番目として誕生しました。貧しい黒人家庭に生まれた彼女は、幼い頃にポリオ(小児麻痺)にかかりましたが、その貧しさの故にまともな治療を受けることができず、後遺症のため、9才まで補助器具を付けなければ歩けませんでした。 12才になったとき、地元のバスケットボールチームに入るためのテストを受けましたが、落ちてしまいましす。それでも彼女はへこたれず、その後も毎日練習し、翌年には合格してチームに加わることができました。高校でもバスケットを続けていた彼女は、ある日陸上競技のコーチに目に留まり、短距離走のトレーニングを受けることになりました。不屈の努力が報われて奨学金が与えられ、テネシー大学に進むことが出来ました。、1960年に何と短距離走走者としてオリンピックに出場することになりました。そこには世界記録保持者がいたにも関わらず、ウィルマは100メートル、200メートル、そして400メートル・リレーすべてで金メダルを獲得したのです。
凄い人でしょ。
子供達の為に彼女が残した言葉
「みんな私と同じ、あなたにだって、驚くべきことができるのよ。あきらめないで『いつかきっとできる!』という希望をもって、毎日、自分のベストを出し切るのよ。」

66才私も頑張るぞ!

画像

2月21日(金)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。

生徒達は普通授業、来年度採用される職員の研修会が行われます。私も50分話をいたします。
新型コロナウイルス感染拡大の影響が身近な問題になって来ています。中央ではイベントや大会の自粛、県内の高等学校3月1日・2日に卒業式を控えております。この行事は不特定多数の方ではなく、生徒達とご父兄、及び関係者で行われるものですが、今後の展開で、私どもも考えなければならないことがあるかもしれません。昨日厚生労働省は「一律の自粛は求めない」としています。県からも卒業式について特別の指示伝達は来ておりません。でも、準備はしてまいります。
なにか不安が漂う毎日、この時に忘れてはいけない言葉「日日是好日(にちにちこうじつ)」、この思いで毎日を過ごさねばと思います。
天気が良かったり、嵐が来たり、嬉しい事があったり、辛いことがあったり、毎日は様々だけど、間違いなく言えることは、私の人生にとって、今日という日は「かけがえのない日」、「2度とめぐりあうことの出来ない日」、これが日日好日と私は受け止めております。「かけがえのない日」そう思うだけで元気が出て来ます。(この言葉で禅語で中国唐の時代のものです。お茶の映画で有名になりました。)

グーグルから本校は選ばれて書籍を頂戴しました。
「グーグルのエンジニアが選んだプログラミング関連書籍」

画像

2月20日(木)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。

中高とも普通授業です。中学校は来週から期末試験ですので、早朝自主学習が始まっています。
卒業生のテレビ出演の情報が入りました。2月23日(日)23:30~TBSテレビ「バックステージ」という番組です。
昭和60年卒業冨沢ノボル(本名:冨澤 升)さんが出演しますが、彼はメークアップアーティスト。多くの芸能人と仕事をされています。お時間を作ってご覧下さい。

禅語に「八風吹不動」八風吹けども動ぜず、というものがあります。我々の心はロウソクの火のように、8つの風によって揺れ動き、惑わされるが これに動じない。と言う意味です。
私達を惑わす8つの風とは、利益 名誉 称賛 快楽 衰え 不名誉 中傷 苦痛。
ほめられれば嬉しいし、儲かれば嬉しいし、批判されれば悔しいし、苦しければ辛いし、確かに心は動揺します・
本当に心はコロコロ変わるのであります。

今日の心の暦(仏教伝道教会)これですが、難しいのであります。

画像

2月19日(水)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
中高とも普通授業。昨日は日本私学中学高等学校連合会の常任理事会でありました。そこで文科省から令和4年4月から施行される、18才成人、満年齢に達した高校3年生の取り扱い、親権の問題、退学転学の問題等と説明がありましたが、学校に起こってくる問題の整理が出来ていないようです。学校、生徒、家庭が混乱しないように進めて欲しいと思います。

昨日銀座の和光の交差点で托鉢の僧侶を見かけました。それで思い出したのですが、お釈迦様が托鉢に出かけて行く弟子達に「貧しい人の所を回りなさい」と指示をする話を思い出しました。托鉢は、ご飯やお金をもらいに行く修行なのです。ですから普通ならばお金持ちの所に行った方が成果が上がるのです。
お釈迦さまは何を考えておられたか。
托鉢僧は言われるとおり、自分達もろくに食べれないような人たちの所を回って歩きました。何処へ行っても断られて大変な思いをするのですが、スプーン一杯ぐらいですが恵んでくれる人もなかにはいるのです。
インドにおいては貧しい人はもらうことばかり考える。それでは彼らの人生はなにも変わらないのです。ところが、人に恵むようになった時に初めてその人の運勢が変化し始める。
貧しい人の運の勢いが変わる。明るい未来がありそう。そして僧侶は布施される本来の喜びを感じることができる。
誰かのために行動を起こすことの大切さを説いたのかも知れません。仏教の話、結構面白いのです。

画像

2月18日(火)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
今日これから東京へ出かけて行きます。

母親がなくなってから今日で三週間経ちます。仏教では三七日忌と言います。親戚の人が母の仏前にお線香を上げに来てくれることでしょう。
長い間病院でお世話になっていたので、お骨になってからですが、家にいられる。私はこれが嬉しいのです。この間の土日のお休みには、一日中、同じ部屋で好きな音楽をかけ、側にテーブルを持っていき仕事をしておりました。夜になると私は一人でビールを飲みながら「お母さんも少し飲む」
とか言ってビールを供え、団らんを楽しんでいます。この部屋には仏壇もあるので、父親も一緒にいることでしょう。
妻も家のご飯を楽しみにしていたからと、毎日3食スペシャルメニューでお供えしてくれています。そして私はお酒のおつまみに母の食事を横取りしたり。95才のいただいた命を余すところなく生き抜いた母なので、残された私達にこんな感情を授けてくれているのかも知れません。またもや母に感謝です。

私は30年近く両親の写真を毎日持ち歩いて生活しております。これは2代目の写真ケースです。

画像

2月17日(月)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。

霧にむせぶ朝です(歌謡曲のような表現、ありでしょうか)。昔に比べて霧の日が多いような気がします(気温が高いと起こる?)。列車など影響が出ないといいのですが。
今日は高等学校の朝礼が行われます。 その中で、2月7日~10日の4日間、ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア現地活動に医師団と参加した3名の女子生徒、代表者の報告を行います。新型肺炎が心配される中、スラムの子供達の為に頑張ってきたようです。本校生も歯ブラシ、タオル、鉛筆など出かけるに当たって協力いたしました。どんな報告が為されるのか楽しみです。

私は樹徳の徳の話を。ブックオフで立ち読みしていて見つけた話。昔、高額納税者で有名になった齋藤一人さんが「人間に必要な3つのもの」について書いておりました。1つは体の栄養。2つ目は頭の知識。3つ目がハートに徳。徳とは人徳のこと。徳とは人の心が軽くなること、人の心が明るくなることです。
徳についてこんなに易しく話してくれているので、生徒に伝えます。

朝礼が終わると、県議会へ走っていきます。

わが家に手伝いに来てくれる女性、おばちゃんなのですが陶芸家、干支の作品がわが家に飾ってあるのを昨日見つけて感動しました。

画像

2月14日(金)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
今日はバレンタインデーです。何時からかチョコレートが配られる日、日本人の商魂のたくましさ、文化にまでも展開させてしまう。私達の学校にもそんなバイタリティーがあってもいいのかなと思ったりもします。
私は群馬県私学保護者連合会の理事会と学校見学会が、高崎健康福祉大学高崎高等学校で行われますので、そちらへ出かけてまいります。主催者は本校の高校後援会長杉戸さん、自分のお仕事も忙しいのですが、この会の責任者として尽力いただいております。有り難いですね。中学の後援会長の新島さんも出席されます。どちら様もありがとうございます。

朝7時40分、交通担当の下山教諭と生徒10名がJR桐生駅南口で桐生警察署と合同街頭交通安全指導を行っております。警察署のご指名で本校のみの参加となりました。

昨日は私の和尚の話をしました。今日はカトリック教会の神父さんの話にします。
ある女性が神父さんのところへやって来て、懺悔(神父のいる部屋にひとりずつ入って行って、自分の犯した罪を告白する。プロテスタントにはありません)をした。
「神父様、昨夜鏡を見ていて、自分の美しさに感動してしまいました。これは高慢な罪だと思いますので祈って下さい」
神父の答えは「それは罪ではなく 単なる誤解です」
若い頃、私は教会にも縁がありましたし、牧師の未亡人(おばあちゃん)の所に下宿していたので、毎日神様にお祈りしていました。

今日の日めくり暦です。ご先祖様と一緒です。

画像

2月13日(木)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
今日は樹徳幼稚園の涅槃会が私の寺、大善寺で行われます。
涅槃会とは2,500年前の2月15日、仏教を開いたお釈迦さまが、80才の生涯を閉じられた日。
幼稚園児は涅槃会の歌を歌い、仏様にお水とお花とお線香をお供えします。私が講話を担当し、手作りの特大の紙芝居、勿論お釈迦様の最後のお話。その後、お楽しみの数珠繰り念仏。お菓子が沢山頂戴できます。幼稚園の涅槃会はこの様な行事です。

お釈迦様の死因は食あたりと言われています。伝道の長旅とインドの暑さ、そして年齢的な衰え、そこで施された、いたんだ豚肉(毒キノコの説もあります)を食べて食中毒、これが原因だと言われています。人間の命がいかにはかないか、身をもって示された。仏教を開いたお釈迦様でさえ、この現実の重さを示している。
涅槃会はやはり故人を偲びつつ、今生きていることを喜び感謝する行事のように思えます。
園児達に接するとき、小さな命達のすごさを感じます。そして、私の生きる力も倍増してくれるのです

大善寺の涅槃図、製作年代1767年、狩野派、2・3メートル×4メートル。県内でも驚く程の大きさです。

画像

2月12日(水)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
卓球部の新人戦の結果ですが、男子シングルス優勝、ダブルス優勝、女子シングルス2位、ダブルス優勝、その他についても本校が独占したようです。生徒達は確実に力を付けております。陰ながら応援してまいります。

昨日は1日母のお骨の側にいて、葬儀関係の後処理をしておりました。こんなに母の側にいたことがなかったので、何か嬉しい、楽しいそんな気になるのです。東京から姉がお参りに来てくれました。70才を過ぎた姉ですが、ここの所桐生と世田谷を行ったり来たり、疲れていると思います。
2人になった時に姉が泣くのです。41年前、父がなくなったときには本当に大変だったと。そういえば私が25才、野口家は一体どうなっていってしまうのだろう。嫁いでいた姉は心配したのでしょう。何もかもが懐かしく感じます。
本日の『樹妙』は「前を向いて」という言葉でした。

いいですか
いくらのろくても
かまいませんよ
大切なことはね
いつでも
前をむいて
自分の足で
自分の道を
歩くことです

そう母は前向きな女性でした。

湿っぽくなりましたので、明るい話。

私がお寺で、お説教を始めると、決まって寝てしまう男性がいるのです。優しい私も少し腹を立てて、お寺の役員さんに言いました。
「もう我慢できない。あの人が目を覚ますまでは、説教するのは嫌だ」 すると、他の人が言いました。
「住職、あなたが説教をおやめになると、あの人はすぐに目を覚ましますよ」。

2月10日(月)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
今朝も寒い。昨晩は一眠りした後、フト考え事始めたら、頭の中が興奮してしまったのか、眠れなくなってしまったのです。2時間くらいは真剣に考えていた。思いがけない発想が生まれたり。でも今晩は熟睡したいですね。

今日は中学生の全校朝礼、世界で初めてエベレストを登頂したエドモンド・ヒラリー(ニュージーランド出身の登山家、冒険家、養蜂家)のことを予定しています。何度も失敗を重ね、私が誕生した1953年、人類初のエベレスト登頂を成功させた人です。
但し今日生徒に伝える話は、失敗したときの事です。

登頂に失敗して、帰国後ロンドンで開かれた登山隊の慰労会での出来事。
意気消沈しているかと思われるヒラリーが、壇上に飾られた大きなエベレストの写真に向かって話し出しました。
「エベレストよ、今回は私達の負けだ。だが必ず舞い戻って、登頂してみせる。なぜなら、山はこれ以上大きくならないが、私はもっと成長できるからだ」。
彼の有名な言葉だそうです。障害を小さくするのではなく、自分を大きくして乗り越える。格好良いですね。生徒にもこんな選択が出来る人間に成って欲しいと思うのです。

ロボカップジュニアジャパン群馬ブロックのサッカー部門において、樹徳高校のチームが優勝し全国大会出場が決まりました。おめでとう!中学生チームも2位、3位でした。高校生の堀マラソンは7位まで本校生が独占。ハーフマラソンは3年北村君が優勝。卓球部の活躍は次の機会に。

画像
現在の閲覧者数