明照学園  理事長 コラム

野口校長先生の『今日を生きる』

明照学園理事長及び樹徳中学校・高等学校校長の野口秀樹校長先生のコラムになります。
学校の様子や校長先生が日々感じていること、考えていることを書き綴っています。
平成20年10月22日から、毎日更新中です。

※写真がある場合は、写真をクリックすると拡大します。
 (拡大した写真画面は写真右上の×印をクリックすると消すことができます。)

平成21年1月16日からの訪問人数

平成30年10月

10月20日(土)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
中学校生は全員登校しております。1年生2年生が学力推移テスト、3年生は海外語学イギリス研修の最終説明会、こちらは保護者の方も参加されます。
高校では群馬県音楽センターを会場にして高校生の総合文化祭が行われています。書道、絵画、写真、聖歌隊などがこれに参加します。スポーツの秋でしょうか、その他運動部は大会、練習試合が各所で行われています。
昨日の合唱コンクールは大成功だったようです。1SS組が金賞を獲得しました。おめでとう!
私の方の先進校視察は、驚きばかりでありました。神奈川の私立学校で、最も難易度の高い私学であることは存じておりましたが、あらゆる処で、群馬の私学の事情とは異なっておりました。うらやましいところも沢山ありますが、面白い学校です。その中で一番ユニークなのが校長先生でした。
参考になりました。ありがとうございました。

アインシュタインの言葉だと教わりました。
「同じことを繰り返していながら、違う結果を期待するなんて、気が狂っているとしか言いようがない」
でもアインシュタインの言葉ではないそうです
本当に アインシュタインが言ったとしたら説得力がありますよね。

10月19日(金)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。

今日は校内合唱コンクールです、2年前までは女子部全クラスが参加した、熱い女の戦いでしたが、共学になり形態が変わりました。今年は1年生全クラスと2年生の一部が参加する混声合唱となります。女性コーラスと違って、男子の太い声が入るのもこれはこれで魅力的であります。金賞を目指して頑張って欲しいですね。喜びのコンクールになりますように!

私は今日も出張します。群馬県の私立学校管理職研修の先進校視察で、横浜にあります聖光学院中学高等学校へ、参加者は事務局を含めて26名。
聖光学院は、カトリック系の中高一貫教育男子校、東大へ50~60人入る進学校です。施設を含め日本の私学でもかなり進んでいる学園であります。今日は欲張って学んでこようと、必ず刺激を受けてきます。工藤校長先生とはチョクチョクお会いするので聞いているのですが、職員の働き方改革などは日本の最先端を走っている学校です。
高崎からではなく、今日は久しぶりに東武線を利用することにしました。(桐生からの利用者が減少しているのが問題になっているので)

今日は19日食育の日です。
いのちは命によって支えられています。
そのことを知るチャンスが1日に3回ありますよね。
今日の食事を大事にしましょう。

10月18日(木)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。

中学生保護者学校見学会及び進路相談会の最終日となります。また、今日は理科部のために群馬大学名誉教授の太田先生がプレゼンテーションの指導をして下さいます。理科部はこの先生に日頃から大変お世話になっております。
私は今日、県庁の14階で「公私立高等学校連絡会議」、それが終了しますと今度は30階に移動して「ようこそ先輩地域連絡協議会代表者会議」、13時から17時まで県庁にいます。数えておりませんが年間20回近くは県庁へ通っています。

後何日かすると、このコラムを書き始めてから10年が経過します。昨晩、何となく6年前を開けてみてたら、「ビッグな男になるための7カ条」と言うのが出ておりました。今の私はどうかチェックしてみました。

  1. 誰にでも心を開く
  2. 他人の目を気にせず、常にありのままの自分を表現する
  3. 人を見下さない
  4. 誰にでも思いやりを持つ
  5. みんなを好きになる
  6. 自分に厳しく、決して諦めない
  7. 夢がある。

ドリフではないですか「ダメだこりゃ」でした。 この年になっても男を磨きたいと思っています。

10月17日(水)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
中学生保護者学校見学会及び進路相談会の2日目です。

昨日、本校が表彰を受けた野間清治顕彰会の様子が私にもよく分かりました。
講談社を創設された野間清治さんは、明治11(1878) 年群馬県山田郡新宿村(現在の桐生市)で生まれました。今年が生誕140周年、そして桐生市の図書館横に顕彰碑を建立して20周年、そればかりか昨日10月16日が野間さんのご命日でありました。
その特別な日に読書推進賞の団体賞を樹徳が頂戴できた。それを知ったとき感激屋の私は嬉しくなってしまったのです。そればかりではありません。副賞で講談社刊行本を一式頂けるのであります。
実は本校の創立者野口周善も明治11年の生まれ、昭和8年に私設図書館、共生図書館を開館しました。その時、野間さんご本人から講談社の本を400冊、ご寄付頂いたのです。
そして私が創立100周年事業の一環として共生図書館を今年の4月に再興しました。不思議です、ご縁でしょうか、その年に思いかけず読書推進賞を頂き、野間顕彰会を通じて、講談社からまたまとまったご本を頂戴することになった。この形がそっくりなのです。このご縁、不思議でしょう。表彰式の最中にそのことに気づき、喜びがわき上がりました。そして何故なのだろうと考えました・・・。

記念碑に書かれている野間清治さんの言葉です。

「 志しがあるところ 道自ら生ず 
     これを追求すること 真剣なれ 道は近きにあり 」

10月16日(火)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。

昨日卒業生で俳優の中村俊介君が学校に寄ってくれました。相変わらず美男子でカッコいい。在学中彼は硬派で応援団副団長、2年3年と連続で2回甲子園に行っているのです。在学中から存在感があったようで、高崎の女子高校生が彼を見たいが為に、桐生の樹徳まで追っかけてくる。本校は男女別学でしたので男子校舎で応援団の練習がされる。校内が狭いですから向かう方向は女子部校舎、彼が声を出すと女子生徒からその都度歓声が上がる。すると、側にいる先輩から練習にならんと怒られる。(彼は何も悪いことをしていないのに)校内でも校外でも、女子生徒には大変モテたのでありました。懐かしいです。それにしても立派な大人になられた。

今日から3日間、中学生保護者学校見学会及び進路相談会が行われます。午前2回、午後1回、予約制で行っております。
また、講談社創設者の野間清治顕彰会という組織が桐生市にありまして、樹徳中学・高等学校が読書推進賞の団体賞を本日頂きます。おめでとう!

心はころころ変わるから「こころ」と言う。と良く聞きます。その通りですよね。最近知ったのですがもう一つありました。
それは「ここる」と言うことです。人間の心はチョットしたことで、だんだん心が狭くなり「こり固まってしまう」ということです。なるほどそうかも知れない。
それでは心のこりはどうしたらとれるか。
「許す」ことと「人と話す」事なのだそうです。

10月15日(月)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。

今日は高等学校の全校朝礼があります。その後、2時限目は中学1年生にお話する時間となります。
ダンス部と吹奏楽部は桐生市みどり市地域安全大会大会に参加します。会場は市民文化会館。本校卒業生の中村俊介氏(俳優)が今日は1日警察署長、もしかしたら帰りに学校に寄るかも知れません。

前橋の臨江閣で行われたお茶会ですが、無事に終了しました。当日は良質なお抹茶を使ったお濃茶席、私が席主を務めたお薄席、そして青年部のお茶席。9時半からスタートして10席、1席約35分。お客様は325名、私の役割はお客様に楽しんで戴くために道具の説明やお軸の話や正客(茶席の代表者)と相対し茶会の流れを作って行くのですが、室内には他のお客様も30名はいるのですから、こちらもある程度意識しなくてはならないのです。
場を壊さず良い雰囲気の茶会になったように思います。一所懸命やってよかった。結構何日も気を揉みました。本校の先生の中にはこの度の私の役割を心配して、先生これを読んで下さいと、一冊の文庫本を持ってきてくれました方もおられます。『日日是好日・・・お茶が教えてくれた15のしあわせ』、この思いがありがたいですよね。本番6日前ですがしっかり読みました。いい本だったな。お茶席でも、この話をしたところ品の良い笑いを取ることが出来ました。

さあ朝礼、頑張るぞ!

10月13日(土)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。

今日は何の日、

  • 樹徳中学で小学生を対象にした第2回模擬試験が行われます。国語と算数の学科試験。同時進行でありますが、適性検査と作文の模擬試験も行われます。沢山の生徒が受験してくれます。
  • 高等学校の後援会(PTA)で日帰り研修、7時に出発して19時30分に帰ってまいります。目的地は箱根、私は、担当の青山教諭とこちらに参加します。八王子あたりの交通渋滞は覚悟しておかなければ。
  • 先日亡くなった樹木希林さんが出演した映画『日日是好日』 の封切り日です。原作は面白かった。映画はどうでしょうか。
  • 今日は鎌倉時代に日蓮宗を開いた日蓮さんのご命日です。
  • 今日は何の日の最後に、1つ書かせて下さい。今日は私の結婚記念日でありました。39年目を迎えました。信じられない長さです、良く続いた。本当に嬉しいですね。あれから40年、妻は本当に強くなりました。(冗談です)

夫婦は年を重ねるほど味わい深くなるような気が致します。年老いた夫婦もいいですよ。
こんな素敵な詩を見つけました。

「老樹」
烈風にあたって  根が深くなった
木陰に  泉がわいてきた
良い者も悪い者も  その陰にいこわせた
自分を倒す木こりにも  終わりまで陰を与えた

それでは出かけてまいります。

10月12日(金)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。

8月に東京武道館で行われた全国高等学校珠算・電卓競技大会(珠算の部)読上暗算競技で全国2位に入りました2年生大平君が群馬県の珠算大会で総合優勝いたしました。珠算関係の授業などはないのですが、立派ですね。

群馬の私立学校でも私学振興会という団体を組織し、群馬の私立学校の足腰を強くする活動を行っております。加盟団体は幼稚園認定こども園協会、小中高協会、大学協会、各種専門学校協会、大変大きな組織であります。そこで海外研修を毎年行っております。今年の目的地はイタリア、幼稚園、中学高等学校、芸術学校、大学などの視察が行われます。盛りだくさんでしょう。14日の日曜日から21日の8日間、本校からは狩野教諭が参加します。有意義な時間になりますように!

本日の日めくり暦

「 目の前のものに礼を尽くす
  ・・・そこにあるものが当たり前と思っていないか。
     その1つがなければ、出来ないこともある。
     使わせていただく 謙虚な気持ちが大切。  」

今日の私には必要だと思います。

10月11日(木)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。

中高とも普通授業。但し校内では3年生の卒業アルバム用のクラス写真の撮影が昨日から始まりました。早いでしょう。良く撮れない場合は撮り直しも毎年あります。そして卒業式前日に思い出が一杯詰まったアルバムが卒業生に手渡されます。

今、国体から帰って来た陸上の選手2名が賞状を持って挨拶に来てくれました。5000メートルで8位の大澤君と800メートル3位の大類君、2人とも戦う男の顔をしています。いいですね。「群馬のために活躍してくれてありがとう」 と健闘をねぎらいました。彼らは卒業前に、まだ何かをやりたいようです。いいですね。
今度は母校と自分の為に。更に頑張ってもらいたいです。

人が歩いていても 嬉しい時は 歩いている姿も嬉しそうです。心配なときには歩くところを見ても心配そうです、
心の中が表に出て来る。
やっぱり心は見えないようで見える。高校3年生2人を見ていてそう思いました。

10月10日(水)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。

今朝は家を出る時間が何故か15分遅れてしまいました。するとどうでしょう。出会う人が異なり、見る景色が違っていた。何かとても新鮮な感じ、たまにはこのパターンもいいな、と感じた次第です。そこで気づいたこと、人は毎日決められた時間に行動する事を好むかも知れない(特に私は)。ですからある場所でいつも会っている人に会えなかったりすると、どうしたんだろう、病気かな、などと勝手に心配したりしてしまう。
高校から中学へ移動する間に、初めて出会った方2名に「おはようございます」とあいさつができました。これも気持ちのいい感覚です。

昨日、学校後援会(PTA) の方が在学中から雑誌のモデルをしていた卒業生がパリコレに出たと言う情報をくれました。興奮した私は誰なのか、そしてそれが本当なのか、調べてみたのです。結果、パリコレ自体には出ておりませんでしたが、その期間中に公開されたルックブックにおいて、AMBUSH® (アンブッシュ®) の最新コレクションのモデルとして卒業生の Roozbeh Safari (ルズベ・サファリ)君が起用されたそうです(参考)。
大抜擢で最新コレクションのモデルを行った。

彼の在学中のことを思い出しました。背が高く身体が細い、ストローのような体系、頭は天然パーマ。
いずれにしても卒業生の活躍は格別嬉しいのです。

現在の閲覧者数