明照学園  理事長 コラム

野口校長先生の『今日を生きる』

明照学園理事長及び樹徳中学校・高等学校校長の野口秀樹校長先生のコラムになります。
学校の様子や校長先生が日々感じていること、考えていることを書き綴っています。
平成20年10月22日から、毎日更新中です。

※写真がある場合は、写真をクリックすると拡大します。
 (拡大した写真画面は写真右上の×印をクリックすると消すことができます。)

平成21年1月16日からの訪問人数

平成31年2月

2月22日(金)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。

今日は2のスリーカードの日、なにかいいことがありそうな予感がします。
幼稚園の瀬谷園長先生に先日こんな言葉を教えて頂きました。「 一月往ぬる 二月逃げる 三月去る 」
(読み)イチゲツイヌル ニゲツニゲル サンゲツサル
1月は正月、2月は28日まで、3月は年度末、この間は行事が多く、あっという間に過ぎてしまうこと言うことだそうです。日本人こんな言葉遊び的な事が好きですよね。

昨日の立志式お陰様で大変立派につとめられました。中心的に動いて下さった文化教養部の保護者の皆様、広報部の保護者の皆様ありがとうございました。また担任団の指導よろしきを得て、生徒達が輝いておりました。先生方ありがとうございました。生徒達が書いた立志の文集、今年もしっかり書けておりました。
そこで思い出したのですが、もう何年も前の話になります。読んでいて涙が出て来たのです。この文集は生徒が書きますが、合わせて保護者の方にも「立志を迎えた子供さんへのメッセージ」を書いて戴くのです。
実は少し前に亡くなったお母さんが生徒のために思いを込めた言葉を残してくれていたのです。
お母さんの愛情は永遠に生き続けていると思います。

2月21日(木)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。

いつものように中学校の講堂で朝のお勤めしておりましたら、背後霊が立ちました(冗談です)。
時間的には6時から約25分お経を上げております。この時間帯は私以外職員も生徒もいないのが普通であります。ところが年度末になると私のお勤め時間の終了近くを目指して、お勤めをしている私の背後に立つ先生がいるのです。それは勿論用事があるからであります。2年ぶりくらいでしょうか久しぶりにそんな状況でありました。でもお勤めが終わって後ろを振り向くと講堂の入口に人が立っている。これは驚きますよ。

本日は中学2年生の立志式が行われます。私の式辞、後援会長の祝辞、生徒代表男女各1名が立志の言葉を述べます。式典終了後記念講演会、本日の講師は上田ビジネス専門学校の副校長比田井和孝先生、演題は「幸せな人生を歩むためにとても大切なこと」。私は7~8年前に講演をうかがったことがありますし、ご一緒に食事をしたこともあります。生徒達にとって有意義な時間になることと思います。
高校1年生はスキー教室、今日は残りのB班5クラスが出かけます。スキー場の今日の天候は雪だそうです。事故や怪我なく楽しめることを願います。

今日の日めくり暦

振り子は 右に振れれば 左にも振る。
同様に やっただけの行いは返ってくる。
「する」から「される」のが自然の法則

そうなのかも知れませんね。

2月20日(水)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。

今朝は見事な満月、その美しさに感動するのでありますが、そこに濃い霧が出ていたのであります。クリアでないところに趣がありました。

湯沢高原スキー場へ出かけて行った高校1年生、気にならない程度の霧雨だったようで、スキー実習には支障がなかったようです。昨日はインストラクターの先生に指導を受けました。(今、小雨が降っていますが実習はできるそうです。上の方が霧がかっているのでまだゴンドラは動いていない。リフトは動いています。)

今月の法語は「学んだことを形にする」であります。私が創立者野口周善先生の生き様を言葉で表現してみました。明治11年に生まれ、10才で出家、とは申せ貧しい下級士族の長男、口減らしでお寺に弟子入りしたのであります。でもラッキーな事にここでは学問をするチャンスを与えられました。このチャンスを生かし、力を磨き、浄土宗の財務部長という宗内の中心的な役割をつとめます。明治の末から昭和にかけて海外へ出かける日本人が少ない時代、東南アジア、ヨーロッパ、アメリカ、中国などなど世界各国を視察に出かけて行きます。そして帰国後、保育園・幼稚園、盲唖学校、職業訓練学校、私設図書館、公衆便所、裁縫女学校をこの町桐生に作るのです。
この行動力を「学んだことを形にする」と表現してみました。ですから「学んで終わり」は本校の姿とは異なります。創立者の生き方から樹徳教育の最終目的は「学んだことを形にする」であります。

2月19日(火)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
高校1年生のA班がスキー教室で新潟県の湯沢高原スキー場に出かけてまいります。引率責任者は金安教頭、一泊二日でありますが怪我や事故がなく、楽しい時間が過ごせますように!
天気予報を見ると午後くずれそうなので心配です。

『びんぼう神様さま 』 高草木洋子著という本を購入しました。少し前に話題になったので、お読みになった方もいらっしゃるでしょうか。
読んでいて不思議な感じが致します。びんぼう神がいるだけでそのうちは貧しくなっていくのです。でもその家の夫婦は貧しくなっていくのにもかかわらず、神だなを作ってびんぼう神を大事にするのです。自分の目の前にある本当に些細なことに、この夫婦はいつも感謝する。そしてこのことさえびんぼう神のお陰と手を合わせるのです。
びんぼう神にとっては貧しくなっていくことによって起こる不平不満、夫婦のいがみ合い、これが何よりの楽しみ、ところがこの家にはそれがない。居心地が悪くてしょうがない。
このお話には福の神、疫病神、死に神などが登場します。夫婦の影響で「いるだけで不幸になることしかしてやれない私が、鬼ではなくてなんで神と呼ばれるのだろう。」とびんぼう神が悩むのです。
最後には「神」 と言われる所以を発揮して終了。
タイトルに「様さま」がありますが、その意味は自分に恩恵・利益を与えてくれる人や物の名に付けて、感謝の気持ちを表すときに使います。 皆に「びんぼう神様さま」と感謝される神になったのでした。昨日2回目を読んでみました。私には面白かった。読んでみたい人お貸しします。

2月18日(月)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。

土曜日にピロリ菌の再検査をしました。65才を超えましたらピロリ菌の検査の話が舞い込んでまいりました。私よりも年上の友人達も最近同様に検査をしているとのこと。胃がんの原因の99%がピロリ菌がだとか、ある人は「私は井戸水を飲んで育ったからピロリ菌がいる」とか、「ピロリ菌は少しくらいならいた方が良い」とか、私に入ってくる情報は様々です。
主治医の言うままに治療を行いました。今週末には除菌できたかどうかが判明します。これも楽しみ。

今日は中学生の全校朝礼、しっかりつとめねばなりません。

図書館にある『安藤百福』さんの伝記を読みました。NHKの朝ドラ『まんぷく』のモデルとなったチキンラーメンやカップヌードルで有名な日清食品を創った方です。信用金庫の理事長を頼まれて、一文無しになってしまうという大失敗もありますが、その他では起こした事業はみなものにしている。夢を持って事を始める。そのことに夢中になる。失敗の連続をものともしない集中力。気づきが前へ進ませる。豊かな発想で世間への浸透をはかる。
読んでいてワクワクする人柄なのであります。横浜にあるカップヌードルミュージアムへ行きたくなってしまったのであります。
安藤百福語録です。

  • 目標を持ったら、あとは執念だ。
  • 転んでもただでは起きるな。そこらへんの土でもつかんで来い。
  • 即席めんの発想にたどり着くには、48年間の人生が必要だった。
  • 過去の出来事の一つ一つが、現在の仕事に見えない糸で繋がっている。
  • 青春を楽しむのもいいけど、学ぶときは学び、働くときは働くべきです。そして、学んだり働いたりすることに喜びを見出せないと、真の幸福はつかめないと思います

生徒達には偉人の伝記を読むように薦めています。この年になっても伝記本を読むと刺激を受けるのです。ですから伝記本を読むと軟らかい心の生徒達にはほどよい種まきが、しかも自分で蒔く種まきができるのです。

2月15日(金)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。

今日はお釈迦様がお亡くなりになった日、涅槃会(ねはんえ)であります。45年間の伝導生活、80才の生涯でございます。死因は老衰ではなく、食あたりと言われています。信者から施されたキノコにあたったとか、いたんだ豚肉にあたったとか。仏教を開いた偉大な方でも、命の保証はない。尊い命の教えであります。

中学生がスキー教室から帰って参ります。(今朝は晴れているそうです。よかったよかった)
帰ってくるので1年生の保護者の皆様はホッとされるのではないでしょうか。

我々にとっての創立100周年記念行事(2014年)での大きなイベントの一つはミャンマーに小学校をプレゼントした事でした。費用は650万円かかりました。生徒の代表2名が現地へまいり、開校式に立ち会いました。この原資は平成13年から始められたマイトリー基金の拠金によるものです。
お昼のパンを一つ減らしてその分を世界の恵まれない人達のお役に立てよう。という目的で、生徒達の募金が始まりました。小学校開校式から5年が経過し、この度はモーター式の井戸をターゲットにしております。世界全体で上水道や井戸などの安全な水を利用できない人々が約9億人います。そのうち5億人がアジアで暮らしているのだそうです。汚染された水を飲んで感染症を引き起こし、命を落としてしまう子供達が沢山います。場所は未定ですがアジアの貧しい子供達の為にと考えております。
井戸が建設されると食べ物が乏しい場所では、畑作ができる様になったり、乳幼児の死亡率が十分の一になったり、子供達の水くみの仕事が少なくなり学校へ行く事ができる様になったり、こんな嬉しい現象が起こってくるのだそうです。
モーター式の井戸は地域の1,500人から2,000人の命を支えることができる。凄いですね。
この度は認定NPO法人アジアチャイルドサポートの池間哲朗さんに窓口になって頂きます。
私は10年前から池間さんを存知あげております。彼ならば間違いなく生徒達の思いを形にしてくれます。2月25日の全校朝礼を経て、3月中に実行したいと思います。

2月14日(木)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。

中学生はスキー教室2日目、全員元気、朝から雪が降っているそうです。午後、晴れるのを期待してしているそうです。
雪で思い出したのですが、宮沢賢治の『永訣の朝』、結核末期の妹とし子が今際の時に熱に浮かされながら、賢治に最後の我儘を言うのです。
「あめゆじゅとてちてけんじゃ」 花巻の方言でしょうか「雨雪を取ってきてちょうだいな」という意味だそうです。
賢治はこの詩の中で「どうか天上のアイスクリームになって」
という表現をしています。
スキー場の雪とはだいぶ違う味わい方です。

私の年代ではこの宮沢賢治の「雨ニモマケズ風ニモマケス」誰でも知っています。でも小説家高見順(1907年 - 1965年)の回想記『昭和文学盛衰史』 の中に
「私ひとりが知らなかったのではなく、宮沢賢治はごく少数の間に天才詩人として知られていただけで、一般的には無名の人だったのであり、無名の詩人として死んだのである。」と書かれております。
没後まもなく東京の文圃堂書店が刊行した宮沢賢治全集、これは全く売れなかったそうです。
現代人の方が昔の人より宮沢賢治を知っている。意外でありました。

2月13日(水)

おはようございます。
今日もよろしくお願いいたします。

中学1、2年生のスキー教室が今日から始まります。新潟県岩原スキー場で2泊3日、スキー経験のない生徒も最終日にはすべれるようになっている。若い人達の学習力は大したものです。勉強もそうならよいのですが。ケガや事故がなく大自然の中で楽しい時間が過ごせますように! 渋谷副校長に引率して頂きます。
校内は中学3年生は普通授業。高校の総合コースは校内基礎学力テスト(進学コースは5時限授業)、その後高校3年生の卒業成績会議が行われます。スムーズに終了する事を期待します。全員卒業できるといいですよね。

この年になっても知らないことが多すぎる私、先日初めて「分離礼」という言葉あることを知りました。
挨拶をするとき、一般的には「おはようございます」「ありがとうございます」などの挨拶言葉を言いながら頭を下げます。
すると、その言葉は地面に向かって言っていることになるので、相手への気持ちが充分に届かない……。
これを同時礼と言い、ビジネスシーンなどでは、良いとされていないようです。
そんな状況にならないように考えられた方法、先に言葉を発し、あとから頭を下げる。
皆様ご存知でしたか。
私はいつも同時礼派でした。知ってからも、私には分離礼はしっくり来ないのです。今後も同時礼でまいります。マナーの本では分離礼は常識のようです(でも知っているのと知らないのでは大違いであります)。

2月12日(火)

おはようございます。
今日もよろしくお願い致します。

雪で心配しておりました、桐生市の冬の風物詩、堀マラソンが無事に終了しました。エントリは8,691人、凄い数です。樹徳生も大活躍、また職員も好成績を上げたようです。

私は昨日、群馬県の初釜茶会に出席しておりました。来賓でお見えになった中曽根弘文国会議員のご挨拶の中に「今日は2679回目の建国記念日です」という文言がありました。建国記念日であるのは存じておりますが、この回数を聞いて思い出したのは、私の母がよく「紀元二千六百年」という歌を歌っていたことでした。
建国記念日は、戦前には紀元節といい、『日本書紀』が伝える神武天皇即位の日、西暦紀元前660年1月1日 (旧暦)を記念したのだそうです。この神武天皇即位の年を基準とする暦を「皇紀」といい、今年は皇紀2679年に当たるのであります。
この皇紀、戦前はよく用いられておりましたが、今ではあまり用いられず、若い人達はほとんど知らないでしょう。戦前の文化ですから、政治的な難しさがあるのかもしれません。
2679年間、天皇家が保っている国、日本。まことに不思議な国であります。

今日は幼稚園の涅槃会(お釈迦様がお亡くなりになった日) があります。私はあの可愛い園児達にお話を致します。頑張ろう。

2月9日(土)

おはようございます。
今日もよろしくお願いします。
朝から鉛色の雲に空が覆われています。ニュースによると東京や千葉などでは雪またはみぞれが降り出しました。桐生も今日は雪が降るかも知れません。
今日は中学校の第三期入学試験で出勤しております。今年度最後の試験、受験する小学生には頑張って欲しい。私も応援いたします。
今年の大善寺の節分で参詣の皆様にお配りした言葉を紹介します。(呑龍堂で祈願した皆様にお渡ししました)

楽しそうに聞いて
楽しそうに話して
楽しそうに遊んで
楽しそうに仕事をして
楽しそうに生きて
楽しいと思えば思うほど
楽しくて仕方がなくなり
楽しい事が近寄ってくる
 平成31年2月3日
       子育呑龍上人大善寺   節分会

現在の閲覧者数